« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

ワールドカップ終了。

関係者のみなさん、観客のみなさんお疲れ様でしたー。
いやぁ、盛り上がった一週間でしたね。
そして天気が最悪の一週間でした……。
締めは台風直撃ってわけで。

やっぱりワールドカップというのは、他の国に対する理解が深まるというか、業界的(なんの!?)に言うと親密度があがりますね。
今回は特に、韓国がかなり好きになりました。
ドイツはもともと好きでしたが、もっと好きになったし。
スウェーデンは、いい男が多いことも分かったし。

というわけで、台風直撃と言われている中強行された決勝戦はタイブレイクの末23-20でアメリカの勝利。
詳細な結果についてはニュースになってるので、感想だけで。
途中でものすごい暴風雨になってびっくりしましたが、全体的にはそれほど台風の影響は受けずにすみました。
予想通り、アメリカ強すぎてまったく手が届かないという感じではなかったです。
最後のTDさえ押さえられれば、勝てたところでしたね……。
決して最後のFGはずしたキッカーが悪いわけじゃないですので、責めないでください……。
(そもそも、ディフェンスにチップされてたらしいですし)

というか、あのアメリカチームを編成した人凄すぎ。
ちょうど日本チームの強さよりほんのちょっとつよいチームを編成するとは、なんという策士。
エンターテイメントとしては、これ以上ないチームレベルでした。あの惜敗度なら、次回は「打倒アメリカ!」とかも言えそうだし。
しかし、学生主体の寄せ集めメンバーということですが、日本で一番強い人たちを集めても、やっぱりちょっと届かないというくらい日米の実力差があるということを、見せつけられたのも確かなワケで。

しかし、なんで高田にこだわったのかなぁ。
もう富澤メインでいったほうが良さそうだったのに……というのが、ちょっと納得いかないところです。
まあ若い人を育てないと、次のWCに繋がらないですからね。

試合としては、盛り上がってとても楽しかったです。
「業務連絡、3rdダウンです」と、場内アナウンスの近藤さんもいいかんじで(笑) クラウドノイズは、相手がアメリカだからこそですね。
彼らなら、アウェーでクラウドノイズくらうことはもう遺伝子にすり込まれてると思うので、怒ったりしないでしょう(たぶん)
ただし、Xリーグでは基本的にクラウドノイズ立てないのが暗黙の了解っぽくなってるので、見にいく方はご注意くださいませ。

さて、あとは秋からXリーグとNFLです。

……いや、その前に、夏コミの締め切りが目の前です(^-^;

韓国おめでとー

ものすごい雨の中、三位、五位決定戦を見に行ってきました。
帰りに気付いたんですが、川崎に大雨洪水警報でてましたよ…。

二試合とも雨と風の影響がすごくて、荒れた試合になってました。ファンブルが目立って、パスがなかなか成功しない感じで。

韓国-フランス戦は、フランスがミスで自滅した感じでしたね。ラフインザキッカーが同じチームに二回も出た試合は、NFL含めて初めてみました。それしちゃうと、ディフェンスの頑張りがパァになっちゃうんで、きついですな。

韓国は、耐えて粘ってチャンスを点に結びつけた感じ。やっぱり今大会でずっと見せ続けてきた根性が実を結んだような気がしました。韓国代表には心からおめでとうと言いたいです。

ドイツ-スウェーデン戦は、晴れてたらすごい好ゲームだったろうなぁと、とても残念。
でも、反則もそれほどなく悪天候の割には、いい試合でした。
実力はたぶんスウェーデンのほうが少し上な感じだったのですが、スウェーデンが攻め切れないうちに事故(パントリターン)が起こってしまったような気がします。
天候といい、なんかもう不幸としか言いようがないかも。ラインがでかすぎるドイツ相手にパス主体で組み立てるには、天候が悪すぎました。
でも、なかなか最後まで緊迫する試合を見せてくれました。
(もうだめだと思った瞬間にファンブルリカバーとか)
ドイツチームも、おめでとう~!
決勝で日本戦が見られなかったのは残念ですが、パワフルなプレイはとても印象に残りました。

どちらも大雨の中観戦する価値のある試合でした。選手のみなさん、関係者のみなさん、素敵な一時をありがとうございました!

そして、ずぶぬれになった観客の皆さんお疲れ様です。
休憩所が難民キャンプみたいになってましたね……。

で、問題は台風直撃の時間にキックオフの決勝戦なんですが……。
大方の予想はアメリカ圧勝っぽいのですが、全試合を見た感じでいうと、十分日本にも勝ち目があると思います。
ただし、台風の中の試合だとすれば、日本の勝率はがくんと下がるでしょうね。日本の勝率の根拠は、トリックプレーやら、こまこまとしたスピードで翻弄するかもしれない…というところから来ているので、暴風雨ではきびしいはず。
延期で台風一過なら日本勝利。台風の中強行ならアメリカ勝利と予想してみます(無責任)

大方の思惑通り。

予定調和っぽいですが、結論から言ってワールドカップ決勝は日本-アメリカというわけで。
日本-ドイツもみたかったなぁ……。

てなわけで、また川崎行ってきました。さすがに今日(……じゃなくて昨日だ)は天気が悪くても、人がいっぱいでした。
傘をさしちゃ駄目指令が出ていたので、みんながみんなカッパ来て観戦している姿はなかなか圧巻でした。
(何を見ているんだか)

まず一試合目、アメリカ-ドイツはなかなか見応えありました。もっと圧倒的にアメリカが点を取りまくる展開かと思っていたのですが、ドイツがかなり頑張っていて盛り上がりましたねぇ。
ドイツ4番のインターセプトリターンTDでは、大いに盛り上がりました。

やっぱり体格がいいし、パワーもあるのでライン負けしてなかったのが大きかったかと。
しかし、主審が負傷退場というゲームを始めてみました。背中からアメリカの選手に思いっきりタックルくらって、しばらくぴくりとも動かなかったので心配したのですが、なんとか立ち上がって去っていったので大丈夫だったみたいです。ちょうどパントブロックでプレイが乱れていて、転がったボールをドイツの選手とアメリカの選手が必死に追い掛けていたところに巻き込まれてしまってました。
基本的にルール上は審判は石ころなので、あればっかりは誰も責められませんな……。
やっぱ、防具つけてる人に囲まれてる審判さんは大変だなぁと思いました。いつもお疲れ様です。

んで、スウェーデン-日本ですが。
日本強いですなぁ。全体を通して圧倒してました。
アメリカ-ドイツの力の差よりは、スウェーデン-日本の方が力の差が目立った感じ。比較対象としては、ドイツ-スウェーデンの3位決定戦(7/14)をみると、決勝がちょっと占えそうです。
ラインでの力比べも勝っていたし、スピードは完全に圧倒してました。RBやらQBやらがスピードを活かしてすすいっと抜けていく場面が目につきました。ちっこいからつかまりにくいし(笑)
ただちょっと、ゴール手前のインターセプトなんかは、嫌な感じでしたね……。
アメリカ戦であれをやったら、致命傷になるんではないかという予感が……。

それにしても、今日も相変わらずセイフティ出まくってました。
エンドゾーンぎりぎりに押し込まれちゃうと、ライン負けしているチームはランも出せないし、パス投げようとすればつかまっちゃうしで、にっちもさっちもになってしまうので、なるべくしてなる展開なのですが……。
やっぱりセイフティはちょっと切ない気持ちになります。

------以下、サイト(Wiki)の話。
またURL荒らしをくらいました。wikiって基本的に性善説で作られてるシステムなので、こういうのには無防備なんですよね……。
いたちごっこ風味ですが、とりあえず発見し次第直していきますので、ご容赦ください。
てか、そんなだましURLしこんでも、売り上げあがりませんよっと。
キーロガーはクリティカルに来るので、怖いのですがね……。

関係ないけど、「いたち」ってやっぱり追い掛けるのすきだから「いたちごっこ」っていうのかしら。
(フェレットに追い掛けられる子猫(謎)が、印象に強すぎたらしい)
……とおもったら、違ったみたいです。

本当の語源は、江戸時代後期にそういう子供の遊びがあったからだそうです。
「二人一組となり、「いたちごっこ」「ねずみごっこ」と言いながら相手の手の甲を順につねっていく。両手が塞がったら一番下にある手を上に持っていき、また相手の手の甲をつねるという終わりの無い遊びなので、転じて「埒があかず、きりがない」ことも指すようになった。」(Wikipediaより)

ひとつ賢くなりました。

あめりかさん。

一日おきに川崎に通っている今日この頃です。
昨日も、雨がざんざん降る中ワールドカップみてきました。

フランスvsスウェーデンと韓国vsアメリカ。
今回は、?なシーンもなく、どちらも爽やかな試合でした。

フランス-スウェーデンは、若干スウェーデンのほうが強かったという感じ。
フランスも勝ち目は充分あったんですが、なんというか勝負弱い気がしましたね……。
ここだけ頑張れば! ってところで、ことごとく攻撃失敗。
もちろん、スウェーデンD#が強かったのもあるのですが、あのロングパス通せる能力があるなら、もっと色々出来たような気がががが。
日本-スウェーデンは、たぶんよほど自滅しなければ勝つんじゃないかな……という感じ。
というか、スウェーデン人さんかっこいいっす。なんというか王子様系?
かとおもえば、どうみてもバイキングな人とかもいて、見ていて楽しかったです。

で、韓国-アメリカ。
いやもうなんというか、アメリカだけ異次元みたいな。
NFL選手がいないということで、「ほんとに強いの~?」と疑いのまなざしを向けていたのですが、いやほんと強かったです。
もうスピードが異常。NFL見ていると両方が超人的なので、あんまり意識しないのですが、普通のチームとやると、とにかく三倍速い感じ(何)。
ただ、完全にミスがないわけじゃないので、決勝で日本と当たるとしてつけこめるならその辺くらいかなぁと。

と、まあとにかくアメリカは凄かったのですが、韓国もすごくよかったです。
ぶっちゃけサッカーのワールドカップとかテレビでみてて、韓国ってあまり好きじゃなかったんですが、アメフトのワールドカップではかなり印象がアップしました。
あれだけ点差がついちゃうと、モチベーションって下がっちゃうものだとおもうんですが、韓国選手はみんな最後まで全力でぶつかっていて、アメリカ側のスタンドで見ていたのですが、いつのまにか韓国応援しちゃっていました。
韓国応援団の人たちも、しょんぼりしちゃうことなく、暖かい応援を送っていましたし。
試合終わった後も、礼儀正しいし。
なんというか、サッカーのときって、もしかするとマスコミが嫌韓を煽るためにそういう映像ばっかり集めていたのかもしれないなぁと。

もしくは、単純に私がサッカーをあんまり好きではないためか(笑)

あ、こないだのエントリ、一つえらいひとが説明してくれました。
ターンオーバーの後は、レディーフォープレイで時間が動くことになったらしいです。
2006年のNCAAルールだそうで、NCAAルール一年後適用の日本には来たばかりだったそうな。

ワールドカップ。

F10000297/7からアメフトワールドカップが始まりました。
てなかんじで、ここ一週間はぼちぼち川崎に通い続けることになりそうです。
いちおう、全試合のチケットは入手済みなのですが、まだ当日券結構余ってるみたいで、そんなに急いで買う必要なかったかも……とちょっと思ってみたり。
開幕戦は、等々力でSS席をとってたんですが、なんか広々してました(意味深)
とても見やすい位置だったので、よかったです。となりがスポッター席だったりするくらいで。

日曜日は韓国×ドイツ戦。生「てーはみんぐく!」が聞けました。
「鳴り物を使っての応援は禁止です」ってアナウンスされてましたが、彼らまったく聞いてないし(笑)
太鼓どんどこならして自己流応援してたので、チアがちょっと可哀想でした。
自分のチームがオフェンスでも気にせずドンドコ。いや、それクラウドノイズだから!
でも、独自に応援グッズとかも作っていて盛り上げてくれてました。
ドイツグッズも欲しかったわ……。
#ときに、キックオフ前に来ていた神奈川県警さんは何だったのだろうか。

ドイツの人は、やっぱり大きかったです。韓国の選手と並ぶと大きさが際だつ感じで。
試合終わった後に「決勝は日本とドイツだぜぃ!(意訳)」といって去っていったので、とりあえずドイツ×アメリカ戦ではドイツ応援側にいってみようかと。アメリカ戦頑張って下さい。
ビールはあまり好きじゃない私ですが、ドイツビールは飲めます。
あと、ソーセージおいしくてすきです。(なんのこっちゃ)

しかし、どうも判定が?な感じのプレイがここ二戦であったのですが、誰かエライ人教えて下さい……。
・日本×フランス戦、2Q終了間際のファンブルターンオーバーから時計がとまらなかったこと。
・決勝進出に得失点差が関係するはずなのに、最後のPATをしなかったこと。
・韓国×ドイツ戦、ドイツ側パント時のホームランスナップで、パンターが1ヤード付近から自陣エンドゾーンに向けてボールをけり出したのに、韓国に攻撃権が移らずセイフティになったこと。

しかし、二戦通してやたらめったらセイフティが多いですなぁ。

という感じで、明日も川崎行ってきます~。

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

[PR]


購入予定タイトル

最近のトラックバック

無料ブログはココログ