個人情報を漏洩されたときにとるべき対策。

PlayStation Networkで、クレジットカード情報を含む大量の個人情報が流出しました。
「私の情報も流出しちゃった!」と慌てている方もいらっしゃると思いますので、ちょっとまとめておきます。

まず、漏洩したと思われる情報。
氏名
性別
住所(都道府県,市町村名,電話番号)
国名
Eメールアドレス
生年月日
PlayStation NetworkおよびQriocityログインパスワード
PlayStation NetworkオンラインID

さらに、漏洩の証拠はないが漏洩の可能性があるとして注意喚起した個人情報
購入履歴や請求先住所を含むプロフィールデータ
PlayStation NetworkおよびQriocityログインパスワード照合時の質問内容
クレジットカード番号(※セキュリティコードは含まず)および有効期限

流出の経緯などについては、4gamerのサイトにまとまっていてわかりやすいです。
http://www.4gamer.net/games/036/G003636/20110501006/

しかし、流出された当事者からすれば、経緯云々よりもまず「ぶっちゃけ、じゃあ私はどうしたらいいの?」という所だと思いますので、具体的な対策を。

まず、一番最初にするべきことから。
PSNと同じID&パスワードを使用しているアカウントのパスワード変更
すでにIDとパスワードの組み合わせが流出しているとすれば、その情報をつかって、他のアカウントまでハックされてしまう可能性があります。
まずは何よりも早く、同じIDとパスワードを使用している他のアカウント、たとえばプロバイダのログイン情報、ネットバンクのID、FTPパスワードから、ネットゲーのアカウント、SNSのアカウントなどなど、あらゆるものを再チェックして、流出したものと同じものがあれば、一刻も早く変更してください。
すでにハックされてしまい、自分でIDの使用が出来なくなっている場合等は、それぞれのサービス提供者に問い合わせることで、対応してもらえるかもしれません。
PSNのサービスが再開したら、もちろんこちらもすぐに変更しておきましょう。

また、今回住所氏名とあわせて誕生日が流出していることから、パスワードや暗証番号に誕生日を使用しているものがあれば、PSNとは無関係でも、こちらも変更しておきましょう。

つぎに
クレジットカードの再発行もしくは、明細のチェック
安全を期するなら、PSNで使用していたクレジットカードの使用はやめて、新しいものを再発行してもらうのが一番です。ソニーでも再発行の際の手数料を負担するなどの補償を予定しているそうです。
しかし、クレジットカードといえば、他の支払いにも使っていることも多く、「そう簡単に変えられないよ!」という方も多いのではないかと思います。
その場合には、明細を必ずきちんとチェックすること。
自分で使った分をしっかり把握しておいて、身に覚えのない使用履歴があったら、すぐにクレジットカード会社に問い合わせてください。
自分で使用していないことが証明されれば、たいていは、支払う必要がなくなると思います。

最後は絶対にソニーが教えてくれないこと。
「あれ? おかしいな」と思うことがあったら、すべて記録をとっておくこと。
迷惑メールが突然増えた、郵便で変なDMが届くようになった、変な電話がかかってくる、自分の個人情報がネット上に書き込まれたなどなど、今まで経験していないような「気味の悪いこと」が増えたときには、それが発生した日時、内容(メールやDMであれば保存しておく)、それが原因で通院したり、引っ越しを余儀なくされた場合にはその領収書など、関係すると思われる資料はすべて保存しておくことです。

何に役立つのって、それは裁判の時にこちらの損害を証明する重要な証拠になるからです。
実際に裁判に証拠として提出し、認められた経験がありますので。

と、まあ脅かすようなことも書きましたが、基本的には出来る対策はとって、あとはどーんと構えるしかありません。
ただ、女性のひとり暮らしなどだと、とても気味が悪いと思います。
このあたりは、古典的ではありますが、表札を外したり、ベランダに干す洗濯物に男性のものを混ぜてみたり、せっかくなので、彼氏にちょっと泊まりに来てもらって親密度を深めてみたりするのもいいかもしれません。
ただ、実際に身の安全に不安を覚えるようなことがあれば、お近くの警察に相談してみてくださいね。

テレビがついていなくても緊急地震速報をキャッチする

先日の地震で被害に遭われた方には、心よりお見舞い申し上げます。
今は頑張らなくてもいいと思います。
一日ずつほんの少しだけ前に進んでいきましょう。

で、私も最近地震が多いので、ちょっと神経質になってます。
大地震の日は銀座で乳児抱えて帰宅難民になって、なかなか連絡がとれないまま、ケータイの充電がちょっとずつ減っていくのを見ていたら、しばらくの間ケータイ充電依存症になってしまったりもしました。

で、まだまだ多い余震の中、ときどき失敗しつつも、ときどき役に立つので大事な緊急地震速報ですが、TVを見ていなくてもキャッチ出来る方法を色々調べてみたので、乗せておきます。

▼携帯電話でキャッチ
緊急地震速報限定の着信音がなるので、はじめは結構びっくりしますので注意。
NTT ドコモホームページ(緊急速報「エリアメール」)
au(KDDI)ホームページ(緊急地震速報)
ソフトバンクホームページ(緊急地震速報)

▼PCでキャッチ
無料で緊急地震速報が受信できるソフト「SignalNow Express」(GIGAZINE)
フリーソフトが常駐して、全国のどこかで地震があると教えてくれます。
教える揺れの大きさやマグニチュードなどを自分でカスタマイズできるので便利。
音はテレビでおなじみのアレです。

最近の私の使い方は、揺れが来たときに地震速報がなっていれば厳重に身構え、なっていなければ警戒……って感じです。
地震酔いで、揺れてるのか揺れてないのかわからなくなっている方にも、SignalNowはおすすめです。
小さい地震でもお知らせしてくれるようにしていれば、自分だけ揺れているのが地球が揺れているのかわかります……。

PCをメインでつかっていると、TVを見ていないことも多いですし、ゲームしてたり、録画したアニメとか見てるともちろん通知されないのでどうしよう……と思って導入したら、ちょっと落ち着きました。
いつでも情報が入手できるっていうのはとても重要なことだったんですね……。

メールアドレス詐称。

なんか、OCNのメアドにものすんごい大量(数千通規模)のエラーメールが来て、何事かと思いました。
普通のSPAMは日常茶飯事なので(サイトにメアドのっけてる以上しょうがないかなと。一応ローカルでフィルタリング対応してるのでその辺は問題ないのです)、数百通くらいじゃ驚かないんですが、今回は完全にいわゆるボムだったので参りました。メールボックスパンクしてるしもう……。

一部の鯖が元になったメールのヘッダを返してくれていたので、解析してみたんですが、よく訓練されたスパマーさんのようで発信元が全部ばらばら。
あんまり中継もしてないし、発信元も外国から日本の企業まで様々。
苦情を言おうにも、どこに言って良いのやら。

なんか最近よくあるみたいで、えん罪被害もでてるみたいです。
http://antispam.stakasaki.net/laji-yuanzui.html
というわけで、文句はそのSPAMに広告のせてるサイトに言うようにしましょう。
そしたらえん罪とかないですし。

つか、このメアドはどこにも掲載してないし、ここ最近このメアドを渡したのは数社なので、そのどこかから漏れたのかなぁとか思うんですが、まあこの辺は追求してもしょーもないのでね……。
頭に来たので、エラーメールにありそうなFromとSubを片っ端から削除対象に放り込んでおきました。
このアドレスからメール送信することなんて、年に何度かしかないので気にしないことに。

しかし、実害が出てきたらもうOCNは解約するしかないなぁ。
メアドとCrimsonBlazeのサイトを置いてるだけだし。はぁ。めんどい……。

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

[PR]


購入予定タイトル

最近のトラックバック

無料ブログはココログ